白髪を改善できる栄養剤とは

髪がなびく女性
白髪はメラニンを生成しているメラノサイトの働きが劣化することで起こる老化現象のひとつです。体内の酵素が不足することでおこる現象ですが、老化現象といっても加齢ばかりが原因ではありません。ストレス、体力の低下、病気などでも髪の毛の色が抜けやすい環境になります。また、親や祖父母に若いうちから白髪が多く発症している人がいると遺伝が心配になりますが、基本的に遺伝との関連性は解明されていません。ほとんどの場合、加齢によるものと考えてよいでしょう。ただ、カラーリングとは異なり、白髪交じりの髪の毛は老けて見えることが多く、外見で損をすることもあります。不足している酵素を積極的に取り入れて、生成力が劣化した細胞の働きを活性化させることで、美髪を取り戻すことができます。

酵素は体内に存在している消化酵素と代謝酵素、そして食物から摂取することが出来る食物酵素があります。体内の酵素が減少するのは活性酸素が増えすぎてしまうからで、それを補うには食物酵素から摂取するのが効果的です。酵素は生野菜、果物、刺し身などに多く含まれているのですが、熱に弱いという特徴を持っているので、通常の食事からは充分に補うことができません。最も効率よく体内に吸収させるためには酵素ドリンクが便利です。ダイエットやエイジングケアのアイテムとして利用されることが多いですが、栄養剤の代わりとしても利用できます。酵素ドリンク以外に髪の栄養剤として利用できるアイテムにサプリメントもあります。頭皮や体内の血行が促されると、髪の毛にもしっかりと栄養が届くようになるので白髪の改善に役立ちます。ただし、即効性がある方法ではないので、一刻も早く白髪を隠したいという場合には、トリートメントタイプの染毛剤を併用するとよいでしょう。トリートメントタイプは頭皮に負担がかかりにくく、髪の毛の栄養剤的な働きもするので、トラブルの改善にも効果的です。体の内側と外側から働きかけることで若々しい髪への改善が期待できます。

白髪に多い原因

白髪は多くの場合、中年以降の高齢者に多く見られる症状ですが、若い人の中にも悩んでいる人は少なくありません。最も多い原因はメラニン色素が不足することです。メラニン色素は髪の毛の色を黒くする成分ですが、メラノサイトという細胞の働きによって生成されています。しかし、何らかの原因で働きが劣化すると白髪ができやすくなります。ほとんどは加齢による老化現象ですが、ストレス、食生活の乱れ、病気なども深く関わっています。一方、若い時からの白髪の原因はメラノサイトの働きの劣化よりも、不規則な生活が多いと考えられます。暴飲暴食、睡眠不足、昼夜逆転の生活などが続くと、新陳代謝が落ちて血行が悪くなります。栄養が体の隅々まで届きにくくなり、頭皮にも栄養が不足するため細胞の働きが劣化します。また、過度なダイエットでも全身に栄養素が不足するため、髪の毛にトラブルが発生しやすくなります。

一度白くなった髪の毛はもとに戻すことはできませんが、その後のケア次第ではなりにくい状態にすることは可能です。働きが弱ってしまったメラノサイトの働きを活性化されるためには、加齢が原因なら酵素を摂取して増えすぎた活性酸素を除去するのが効果的です。酵素は生野菜や果物、刺し身などに多く含まれています。また、たんぱく質、ビタミン類、ミネラル類などをバランスよく含む食事、良質な睡眠を心がけて、体内環境を整えることでも改善が期待できます。まばらに生えている場合、抜いて処理をする人がいますが、毛根に傷がつくので良いことではありません。できてしまった白髪は体内環境を整えることで増やさないようにすることはできても、減らすことは難しいので、毛サイクルによって寿命が尽きて抜け落ちるまでの間は、染毛剤を使用して目立たなくすると良いでしょう。染毛剤にはいろいろなタイプが有りますが、髪の表面をカラーコーティングするトリートメントタイプなら頭皮や頭髪へのダメージが少なくて済みます。

白髪になるのを抑える方法はあるか

髪型がきまらないと1日気分が落ち着きません。特に女性はこの傾向が強いです。さらに、白いものが混じっているのを発見したりすれば、最悪の気分になります。一時的に白髪を隠せるアイテムはありますが、普段から使っているのならまだしも、初めての場合には用意が間に合わず、落ち着かない気分のまま過ごさなければなりません。1本ならと抜いて始末をする人もいますが、頭皮に傷が付くので決して良いこととは言えません。それに、1本発見したら、次々と増えてしまう可能性があります。白髪があると本人が落ち着かないだけでなく、老けて見られてしまうので、目立たないように改善したほうが良いです。そのうち無くなるだろうと放置しても、減ることはないので、増やさないように抑えるには何らかの処置を施す必要があります。

新たに白髪ができないように抑えるには、体内の環境を正常に整えることがポイントです。まず、食生活を見なおして見ましょう。食材が偏った食事や極端なダイエット食はNGです。摂取する栄養が少ないとメラノサイトの働きが活性化されずメラニンが充分に作られない可能性が高くなります。特に、亜鉛、ミネラル、ビタミン類は不足しないことが大切です。また、栄養のバランスが良くても、睡眠が不足すれば成長ホルモンの分泌が不足します。成長ホルモンは美髪維持にも深く関わりがあるので、不規則な生活は改める必要があります。特に、午後10時から午前2時はゴールデンタイムと言われていて、美髪、美肌、脳の活性化、成長など、体の機能を活性化させために必要な睡眠時間です。しっかり食べて、しっかりと寝ることで白髪が増えるのを抑える環境を整えられます。できてしまった白髪に対しては、体内から黒く戻すことは難しいので、毛髪や頭皮にダメージが少ないトリートメント剤があります。塗布するときに、ついでにマッサージを施せば、頭皮の血流が改善されるので、髪の毛に栄養が届きやすくなります。